お問い合わせ専用ダイヤル

0120-545-067

[受付時間]AM10:00~PM8:00(土日対応可能)

お役立ちコラム

2017.12.09

そもそも偏差値って何?

 

受験する高校を考えるとき、「偏差値」を基準にすることが多いですよね。では偏差値とは何でしょうか。

 

簡単に言うと、「その試験を受けた人の中でどのくらいの位置か」を表しています。平均点をとると偏差値は50となり、自分の点数が平均点より高くなるほど偏差値は55、60、65…と高くなります。反対に自分の点数が平均点より低くなると、偏差値は45、40、35…と低くなります。

 

つまり同じ100点満点のテストでも、平均点が低いテストであれば自分の点数が60点で偏差値が60になることもありますし、平均点が高いテストでは自分の点数が80点で偏差値が45になることもあります。このような偏差値の性質が、高校を選ぶ基準になる理由です。

 

例えば5教科で300点を目標にしていても、平均点が280点のときと320点のときとでは意味することが変わります。「偏差値52」を目標にしていれば、テストの難易度や平均点がどうであっても「平均点より少し上」を取れればよいのです。ただし偏差値は「そのテストを受けた人」によって変わります。学校の実力テストの偏差値は、その学校内の生徒の点数のみから算出されることが多いです。

 

受験は県内の受験生全員がライバルですから、他の学校の生徒も多く受験する模擬テストの偏差値の方が信頼性があります。ぜひ早いうちから模擬テストを受けて、自分がどの位置にいるのか知って受験勉強に生かしましょう。

 

受験生が偏差値を考える上で1番大事なことは「偏差値は相対評価である」ということです。毎日一生懸命勉強して解ける問題が増えていても、他の受験生が同じだけ勉強して力をつけていれば、「その試験を受けた人のなかでどのくらいの位置か」は残念ながら変わらないのです。

 

今自分の偏差値より高い偏差値の高校を目指している場合は、他の人を抜かすだけの勉強量が必要です。みんなが3時間勉強しているなら自分は4時間勉強し、その勉強内容も作業にならないように日々見直していきましょう。

 

今自分の偏差値が目標の偏差値を超えている場合でも油断してはいけません。自分より周りが頑張っていれば抜かされてしまい、偏差値は下がってしまいます。最低限周りの受験生と同じだけ勉強しましょう。

 

ベスト個別学院では、生徒さん一人ひとりの成績と学習状況に合わせて、必要な学習量や勉強方法をお伝えしています。お悩みの際はお気軽にご相談ください。