お問い合わせ専用ダイヤル

0120-545-067

[受付時間]AM10:00~PM8:00(土日対応可能)

勉強お役立ちコラム

カテゴリー

2018.03.09

【速報】平成30年度福島県立高校入試 オリジナル解説 〜国語〜

 

出題構成は例年通り。大問2番は年代わりで「詩・短歌・俳句」が順番に出題されており、今年度は「短歌」の出題となっていた。

漢字の書き取り問題は、過去5年間の中で一番難易度が低い問題となっている。

敬語や歴史的仮名遣いなど文法基礎問題が出題されているので、文法問題に関する対策も必要となる。

小説は身近な部活動を題材とした問題。心情読み取りの問題も比較的本文から読み取りやすいものとなっている。

評論は題材が哲学的なものとなっているため若干読み取りがしづらいものとなっている。小説と評論での難易度調整が見える。

作文はグラフ読み取り。データの分析力と表現力が必要になるが、新教研などの模試でも出題されたことのある傾向の問題となっているので過去に行った模試関係の復習ができていると悩まず書くことはできる。