お問い合わせ専用ダイヤル

0120-545-067

[受付時間]AM10:00~PM8:00(土日対応可能)

勉強お役立ちコラム

カテゴリー

2017.11.23

モチベーション維持には「やる気」でなく「やり抜く力」~GRITを考える

保護者様や生徒さんとのやりとりで、よく「どうしたらやる気が出ますか?」「モチベーションが上がらなくて……」といったお悩みを聞きます。

 

 

いま注目されているのは「グリット(GRIT)」という概念です。アメリカの心理学者アンジェラ・リー・ダックワースAngela Lee Duckworth)さんが提唱しました。 グリットとは、物事に対する情熱であり、何かの目的を達成するまで長い時間粘り強く続ける力、最後までやり抜く力のこと

 

Guts(ガッツ):根性をもって粘り強く

Resilience(反発力):失敗してもめげずにつづける、やり直す

Initiative(イニシアチブ):自ら主導権をもち、率先して目標を立てる

Tenacity(不屈):執念をもって最後までやり抜く

 

成功の一番の条件とは、才能のあるなしではなく、ただやり続ける力なのです。

やる気はなくても大丈夫。「宿題は必ずやろう」「毎日10分でも単語を覚えよう」と最初に決めたら、次は「面倒でも始めたからには続けよう」と覚悟すること。もし決めたことを忘れて3日坊主になってしまっても、諦めずに粘り強くもう一度始めましょう。

「やる気がでなくて……」と落ち込む必要はありません。やる気は贅沢品。むしろやる気のない状態が当たりまえだと思っていいのです。

 

グリットを伸ばすには、同じようにグリットを持つ、または持ちたいと思っている人と協力することがオススメです。同じ志を持つ仲間がいれば、頑張れることってありますよね。

もし仲間が欲しくなったら、ぜひベスト個別学院に見学にお越しください。成績アップを目指す地元の仲間たちがたくさんいますよ!