Call: 0120-545-067
[受付時間] AM10:00~PM8:00 [土日対応可]

高校受験・入試コラム

2019.11.04|全国教育情報2020年度大学入学共通テスト、英語は「2技能(読む・聞く)」で現状維持

 

先日、2019年11月1日(金)、萩生田光一・文部科学相が2020年度から始まる予定だった大学入学共通テスト(以下、「共通テスト」)における民間試験の活用を見送ることを発表しました。

 

高校の新しい学習指導要領が実施されるのに合わせ、2024年度には共通テスト全体の見直しが予定されており、検討会議の結論はこのタイミングで反映させる方針を示しました。その場合、現在の中1生が主な対象となります。

 

英語における民間試験の活用は見送られる一方、国語や数学における記述式導入などの「改革」は、現在のところ予定通り実施されるので受験生は準備が必要です。

 

以下、萩生田文科相が受験生やその保護者様に向けて送られたメッセージです。

 


受験生をはじめとした高校生、保護者の皆様へ

 

文部科学大臣の萩生田光一です。皆様に、令和2年度の大学入試における英語民間試験活用のための「大学入試英語成績提供システム」の導入を見送ることをお伝えします。

大学入試における英語民間試験に向けて、今日まで熱心に勉強に取り組んでいる高校生も多いと思います。今回の決定でそうした皆様との約束を果たせなくなってしまったことを、大変申し訳なく思います。

英語民間試験を予定通り実施するかどうかに関しては、高校生をはじめ多くの皆様から、賛成・反対、様々な意見をいただいてきました。

私としては、目標の大学に向けて英語試験の勉強を重ねている高校生の姿を思い浮かべながら、当初の予定通りのスケジュールで試験を実施するために、連日取り組んできました。

しかし、大変残念ですが、英語教育充実のために導入を予定してきた英語民間試験を、経済的な状況や居住している地域にかかわらず、等しく安心して受けられるようにするためには、更なる時間が必要だと判断するに至りました。

大学入試における新たな英語試験については、新学習指導要領が適用される令和6年度に実施する試験から導入することとし、今後一年を目途に検討し、結論を出すこととします。

皆様が安心して、受験に臨むことができる仕組みを構築していくことをお約束します。

今回、文部科学省としてシステムの導入見送りを決めましたが、高校生にとって、読む・聞く・話す・書くといった英語4技能をバランスよく身に付け、伸ばすことが大切なことには変わりがありません。

グローバル化が進展する中で、英語によるコミュニケーション能力を身に付けることは大変重要なことです。皆様には、これからも日々の授業を大切にするとともに、それぞれの目標に向かって努力を積み重ねて頂きたいと思います。

 

令和元年11月1日   
文部科学大臣 萩生田光一


 

教育改革、変わる英語教育。今後、どのような展開になってくのか。ベスト個別学院では最新情報が入り次第、コラムで発信してまいります。

まずは無料体験授業を
お試しください。

この様なお悩みをお持ちの保護者様は、ぜひ、ベスト個別学院の無料体験授業をお試しください。

  • 塾選びに迷っている方
  • 初めての塾で不安な方
  • 今通っている塾で成果が出ない方

無料体験授業を受けて、正式に入塾されるまで、一切料金は頂きません。
体験後に入塾されない場合は、そのまま終了となります。

  • お電話でのお申し込みも可能です。
  • Call: 0120-545-067