お問い合わせ専用ダイヤル

0120-545-067

[受付時間]AM10:00~PM8:00(土日対応可能)

勉強お役立ちコラム

カテゴリー

2018.03.20

学習の定着率は勉強の仕方がカギ!

みなさん、ラーニングピラミッドという言葉を知っていますか?

 

アメリカの国立研究所が発表した学習定着率を示す指標です。これによると、受動的な学習は定着率が低く、能動的な学習は定着率が高いということが分かります。数値に関して明確な裏付けがあるわけではなく目安ではありますが、一番衝撃的なのは学校の基本形式である「講義を受ける」だけでは、定着率が5%しかないということです。

 

ただ話を聞いているだけだと、眠くなってしまったり、内容が頭に入っていかなかったり……たしかに、納得できますよね。分からない問題の解説を聞いたら、そのあとにもう一度自分で解き直しをしてみないと、分かったつもりの状態になっているだけで、また同じ問題を間違えてしまうかもしれません。

 

このグループ討論から下の能動的な学習をアクティブラーニングと呼びます。新指導要領にも組み込まれていて、いまとても注目されていますね。ベスト個別学院でも、このデータを参考に受動的学習から能動的学習へと、主体性を発揮できる取り組みを行っております。

 

ただし、注意しなければいけないのは、アクティブラーニングは、周囲の人達と一緒に勉強する形式がほとんどで、アウトプットできるレベルにないと実践することは難しいということです。アウトプットできるレベルまでは、ティーチングが必要な場合もありますので、見極めが非常に重要となります。ただ単にやらせるだけでは苦手意識を増大させかねないからです。

 

ベスト個別学院は生徒さんひとり一人を良くみて、今何が必要か考えながら指導しておりますのでご安心ください。皆様もラーニングピラミッドの仕組みをご理解いただき、今後に活かしてみてはいかがでしょうか!