お問い合わせ専用ダイヤル

0120-545-067

[受付時間]AM10:00~PM8:00(土日対応可能)

勉強お役立ちコラム

カテゴリー

2017.10.27

【香川県】公立高校入試の基礎知識~当日点と内申点~

香川県の公立高校入試は、5教科が各50点で、合計250点満点となります。これがいわゆる当日点で、合否の評価にはもうひとつ大事な内申点が存在します。内申点とは、簡単に言えば5段階評定の合計です。

ただし、その計算方法はちょっと独特ですので、以下に表でご説明します。

 

5段階評価がすべて「5」の生徒さんの場合
中1 5×9教科=45点
中2 5×9教科=45点
中3 5×5教科×2=50点(英語・数学・国語・社会・理科)
5×4教科×4=80点(音楽・美術・保健体育・技術家庭)

※内申点の合計は最大で220点となります。

 

「当日点」「内申点」それぞれに順位がつけられ、どちらか一方でも基準に達しない場合は不合格となってしまいます。評定は定期テストの結果でつけられるので、2倍4倍となっている中3の定期テストがいかに重要かが分かりますね。

とはいえ中学1年生、中学2年生での評定は、3年生になってから取り返そうと思ってもできません。毎日の学校の授業を大切に、まじめに受けることが大切です。

 

当日の試験は、各教科50点満点。100点満点のテストと比べると1点の重みが違います。ちょっとした計算ミスや、単語のつづりミスを「凡ミスだから」と放置していてはいけません。どれだけケアレスミスをなくしていけるかが、試験突破のポイントになります。

 

【参考】

【香川県】公立入試の基礎知識~学区制~

ケアレスミスを減らす勉強法とは?