お問い合わせ専用ダイヤル

0120-545-067

[受付時間]AM10:00~PM8:00(土日祝対応可能)

勉強お役立ちコラム

カテゴリー

2021.08.18

【栃木】特色選抜の出願条件 ~宇都宮高校編~

夏休み、どう過ごしていますか?

 

 

夏休みも終盤に差し掛かりました。受験生の皆さんは、偏差値を爆発的に上げるべく、この夏、基礎固めに取り組まれた方も多いのではないでしょうか?

 

栃木県の県立高校の特色選抜出願条件について調べてみましたので、ぜひ参考にしてみてください! 今回は栃木県立宇都宮高校編です。

 

 

①特色選抜の定員割合

普通科 10%程度

 

 

②特色選抜に出願するための条件

(1) 中学校における特別活動など、あるいは校外での勤労生産・奉仕・社会活動などの分野で、自発的かつ長期的に活動し、個人もしくは集団のリーダーとして、その活動が客観的に高く評価される実績を有しており、入学後も積極的に活動を継続する意志のある者

 

(2) 中学校での文化活動、スポーツ活動などにおいて、以下に示されるもの以上の成績あるいは実績を有しており、入学後も積極的に活動を継続する意志のある者

 

ア)文化活動
県大会・コンクールなどで、個人として3~4位以上に相当する成績を収めた者、あるいは同等の成績を収めた団体の中心として活躍した者

イ)スポーツ活動
県大会で、個人として6位以上の成績を収めた者、あるいは8位以上の成績を収めたチーム・団体の中心として活躍した者、及び中学校体育連盟の優秀選手、有望選手としての選出を受けている者
*上記(1)又は(2)のいずれかに該当する者

 

 

③特色選抜の方法

個人面接:15~20分
小論文:時間60分 字数500~700字

 

 

④特色選抜の手順

 

 

■資料の取扱い
1)志願理由書は、調査書とともに、資格要件の確認及び面接時の参考資料として用いる。

2)調査書は、「各教科の学習の記録」(第1学年~第3学年)の評定(選択教科を除く)を合計(135点満点)し、段階評価を行う。

3)調査書の点数化されない部分及び面接の結果から、資格要件に該当する実績について段階評価を行う。

4)面接及び小論文は、段階評価を行う。

 

■選抜の手順
次の各段階に該当する受検者について順に審議し、総合的に選抜する。

<第1次審議>

【資料の取扱い】の2、3の評価がいずれも優秀である者で、【資料の取扱い】の4の評価が優秀または良好である者を合格内定とする。

<第2次審議>

第1次審議において合格内定となった者を除いた受検者を対象とし、【資料の取扱い】の2、3、4の評価がいずれも優秀または良好である者を合格内定とする。

<第3次審議>
第1・2次審議において合格内定となった者を除いた全ての受検者について、全ての検査結果を総合的に判断して、合格内定者を選抜する。

 

 

いかがでしょうか? 特色選抜にはいろいろな条件がありますね。自分が通いたい高校、なりたい自分の姿、さまざまなことを考える時期だと思います。

 

とはいえ、高校受験のコツは、未来の高校生活を想像してワクワクしながら勉強すること! 楽しい高校生活を送れるように後悔しない時間を過ごしていきましょう!

 

何かお悩み事があればいつでもご相談くださいね。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

【参考資料】栃木県教育委員会