お問い合わせ専用ダイヤル

0120-545-067

[受付時間]AM10:00~PM8:00(土日対応可能)

お役立ちコラム

2020.03.04

【福島】高校入試を終えた中3生へ。現役高1生が語る合格発表からの1年

 

本日3/4(水)、福島県立高校・前期選抜入試の学力検査が行われました。今年度から入試制度が変わることに加え、新型コロナウイルスの影響による学校の休校措置など、世間が慌ただしい中での受験、本当にお疲れ様でした。不安も大きかったことと思います。よく頑張りましたね。今日は、これまで頑張ってきた自分をゆっくり休ませてあげましょう。

 

というわけで、今回は、現役高校生のインタビューした内容をご紹介します。取材に協力してくれたのは、中学生の頃から会津若松市内のベスト個別学院に通う、葵高校1年生の渡部航くん。合格発表から現在までの高校生活を振り返ってもらいました!

 

 

Q.ちょうど1年前の今頃、航くんは中学3年生でしたね。入試が終わり、発表を待つまでのあいだどんな気持ちでしたか?

 

A.「終わったーーー! 人事は尽くした、あとはどうにでもなれ!」って気持ちでした。中2くらいから将来はやっぱり大学進学したいなっていうのがあって、3年になってから葵高校目指して猛勉強したんです。ずっとD判定とかで、最後滑り込みでB判定が取れて、ギリギリだったので…。実は入試の自己採点も怖くてなかなかできなくて(笑)。でも、やり切ったから悔いはなくて、久しぶりに少し羽を伸ばしましたね。

 

 

Q.晴れて葵高校合格!! 合格がわかったときの気分はどうでしたか?

 

A.発表見て、帰ってくる子達とすれ違って恐怖でいっぱいで、自分の番号見つけたときはめっちゃ驚きました。嬉しさより先にビックリでした。そのあと、“葵=エリートしかいない”みたいなイメージで、今後の不安が広がりましたね…。受かってしまったから、あとには引けないな、と…(笑)。家族や塾の先生たちは自分より喜んでくれて、それは嬉しかったですね。ほんと、頑張ってよかったなって思いました。

 

 

Q.いざ高校生活が始まって、1学期はどんな風に過ごしたのですか?

 

A.新入生オリエンテーションから始まり、最初のテストが緊張してなかなか実力が出せなくて、「やばい…」と思ったことを覚えてます。新しい環境に慣れながら、学校行事(合唱コンクールとか、球技大会とか…)が立て続けにあって、文理選択もあって。気付いたらもう夏休み、って感じでした。

 

 

Q.中学生の頃と比べて、大変だったことや苦労したことは?

 

A.何もかもが変わりました。まず、授業はとんでもなく進行が速いです(葵高校の数学は都会の進学校より進みが速いっていう噂があるとかないとか…)。中学校と比べて、何においても細かく指示がありません。自由度は増す一方、自己責任の部分が多くて、気を緩めた奴はやっぱりそれなりの結果になるっていう感じです。

 

 

Q.航くんは、それをどうやって乗り越えたのですか?

 

A.とにかく毎回の授業を中学の頃以上に真剣に聴いて、大事にしました。そのために塾では予習進行を死守して、学校の授業前に備えておけたのと、1学期の初めからスタートダッシュを切れたことが大きかったですね。あとは小テストが度々あるので、塾の先生と相談したり、結果を分析して次へのモチベーションに繋げたりしました。

 

 

Q.では、高校生になって楽しかったことは何ですか?

 

A.話が合う友達がたくさん増えて、趣味についてとか話してるときが楽しいです! 周りの環境とか、レベル高いなって感じることもありますし、勉強の難易度はもちろん上がったんですけど、その分できたときの達成感は、でかいですよ(笑)。

 

 

Q.4月から2年生になりますが、現在の悩みや心配事はありますか?

 

A.学校の先生が言ってたんですけど、2年生になると全体的に平均点が激落ちするらしくて…。今の所はついていけてますが、ちょっと心配っていうか、怖い面はありますね。大学入試制度も未知で、不安なところはあります。でも、高校でいろいろ対策してくれたり、塾で都度相談できたりするので、まあ、ちゃんとやっていけば大丈夫かなと。

 

 

Q.ズバリ、将来の夢はありますか?

 

A.あります。でも今ちょっと迷ってて。プログラマーやSEになるため、会津大進学を目指して情報系の道に進むか、電気技師や自動車整備士にも興味があるので工学系に進むか…。どうするにしても、今は偏差値を上げることですよね。選択肢を増やしたいです!

 

 

Q.受験を戦い抜き、高校入試を突破したばかりの後輩の皆さんへメッセージを!

 

A.まずは、本当にお疲れさまでした! 合格発表まで期間があるけど、好きなことを解禁し、少し休んでください! でも、受験期の貯金がなくならないように保つことも大事です。本を読むのはおススメ! あとあと小論文書くとき役立ちます。葵高校などの進学校は、入学してすぐ大学受験の話をされたりするのでちょっとビビりますが、周りの話をよく聴いて、しっかり自分で考えながら一日一日を丁寧に過ごせば、結構何とかなります! 塾はまったく知らない環境からスタートするより、僕みたいに慣れた教室で、話しやすい先生がいる環境でのスタートが断然いいと思いますよ。

 

中学3年生のとき、「葵高校に合格したい!」という夢をベスト個別学院で見事叶えた航くん。今まさに、新たな夢に向かって邁進中です。

 

ベスト個別学院は、これからもお子様たちのやりたいことや夢の実現のために、精いっぱいサポートしていきます! ぜひお気軽にご相談くださいね。