お問い合わせ専用ダイヤル

0120-545-067

[受付時間]AM10:00~PM8:00(土日対応可能)

勉強お役立ちコラム

カテゴリー

2020.01.15

【山形県】高校入試 英作文対策

山形県高校入試の英語の特徴として、必ず「4文以上で自分の意見を英語で書く英作文」の問題が毎年出題されます。

各中学校の定期テストを見ると、学年問わず英作文を取り入れている学校の先生も見受けられます。高校入試を意識しての対策かと思いますが、英作文を書けるようになるためには、英単語の理解や英語の文の形を理解している必要があります

受験生のみなさんはこの冬休みの勉強で、基礎固めは完了していることでしょう。ここからはよりクリティカルに入試に直結する対策を自身で捉えていけるようにしましょう。今回は少しではありますが、英作文のポイントや書き方をまとめてみました。

 

例題を交えていきますので、練習したいという人は英作文を書いてから下にスクロールするようにしてみてください。

 

【以下の英語の質問であなた自身の答えを英語で書いてみましょう】

 

①What  did  you  do  last  night?  

 

まずは小手調べです。聞かれている主語は「you」、動詞は「do」ですね。
リスニングなどでよく聞くフレーズでもあります。時制にも注意!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答例)
I  studied  English  last  night.

 

昨夜、あなたは何をしていましたか?
―私は英語を昨夜、勉強していました。

 

解法のポイントは「誰に」「何を」聞いているのかです。
「あなたに」「昨夜していたこと」を聞いていましたね。
どんどんいきましょう。

 


 

②What  do  you  usually  do  after  lunch?

 

usuallyの使い方がポイントです。こちらはノーヒントで行きます。
書けたら下へスライドしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答例)
I  usually  brush  my  teeth.

あなたは昼食の後、たいてい何をしますか?
―私はたいてい歯を磨きます。

 

頻度を表す副詞usuallyは基本的に動詞の前に置きます。oftenやalways然りです。

 


 

③When  did  you  start  studying  English?

 

時期を聞かれる問題ですね。答え方はいろいろ考えられます。
少し難しくなってきましたね。できたら下へ進んでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答例1)
I  started  studying  it two years ago.

 

いつあなたは英語を勉強をし始めたのですか?
―私は2年前に勉強し始めました。

 

解答例2)

I  started  studying  it  when  I  was  ten years old.

 

いつあなたは英語を勉強し始めたのですか?
―私は10歳の時に勉強し始めました。

 

現在完了形や接続詞Whenを使った表現も使えます。
Whenを使う際は、後ろは主語+動詞、また時制もそろえましょう。
聞かれたものは代名詞it(単数)に書き換えることも忘れずに! ちなみに複数のものを指すときはthemを使います。

 


 

④What  do  you  think  about  disaster?

 

時事問題が英語で聞かれることはかなりの確率で考えられます。
自分の知っている単語、文法を総動員して書いてみましょう! 難しい単語は使う必要はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答例1)
I  think  it  is  important  for  us  to  prepare  for  disaster.

 

災害についてあなたはどう思いますか?
―私たちにとって災害に備えることは重要だと思います。

 

解答例2)
I  think  we  should  prepare  for  disaster.

 

災害についてあなたはどう思いますか?
―私たちは災害に備えるべきだと思います。

 

It is ~  (for 人)  to  +  動詞の原形  ~ で「人にとって~することは~だ。」不定詞の用法の中でも自分の意見を言いたいときに使いやすい文法です。
併せて、助動詞should(~すべき)も押さえておきましょう!

 


 

ここまでいかがでしたでしょうか?
受験生は私立の願書書きも終えたところかと思います。
いよいよ受験が始まっていきますね。
みなさんの努力が報われることを心から願っています!
最後まで頑張っていきましょう!