お問い合わせ専用ダイヤル

0120-545-067

[受付時間]AM10:00~PM8:00(土日対応可能)

勉強お役立ちコラム

カテゴリー

2019.06.24

勉強のお供に最適! 山形さくらんぼ!

夏本番を控えた、初夏の山形。各会場では中学校の総体が執り行われていました。

 

ベスト個別学院に通っている生徒たちも、毎日、部活の練習と塾での勉強の両立とに励んでいました。本当に立派だな、と思います。

 

大きなイベントが終わったのもつかの間、今度は6月末から7月頭にかけて、各中学校で期末テストが行われますね。今年の連休が10連休だったこともあり、例年、中間テストがある中学校も取りやめて、期末テストのみにする学校が多くなっている傾向です。つまり、テスト範囲がとっても広いということです!

 

先日の中総体の振替休日も、頑張った生徒たちにはゆっくり休んでもらいたいという気持ちがありつつ、しかし「ここは心を鬼にして!」と、2日間みっちり塾でテスト対策を行いました。参加してくれたみんな、ありがとう・・・!

 

さて、今回はそんな「テスト勉強」に加え、それを手助けしてくれる山形が誇るスーパーフルーツ「さくらんぼ」の栄養についてお話させていただきます。

ここ最近、収穫期を迎え、市内の店頭に並びはじめたさくらんぼですが、実はとっても勉強のお供に最適な栄養が詰まっているってことはご存知でしたでしょうか?

 


 

さくらんぼの栄養価】

 

 

1、ブドウ糖

2、ミネラル・ビタミン

3、ポリフェノール

 


 

1、ブドウ糖

 

食べると甘酸っぱい風味が口に広がるのがさくらんぼの特徴ですが、その甘みの正体はブドウ糖です。
ブドウ糖というのは脳や筋肉の運動を支える重要な栄養素です。日常が忙しい子どもたちにとって、夜遅くまで長時間だらだら勉強をさせるのはお勧めしません。
その点、果物由来の糖で体に優しく短時間でハイパフォーマンスを発揮するのにさくらんぼは最適でしょう。

 

もくじへ戻る

 


 

2、ミネラル・ビタミン

 

さくらんぼはミネラルの中でも特に、鉄分が豊富です。鉄分が不足すると貧血を起こしやすくなったり、集中力の低下、食欲不振に陥ります。
低血圧で朝が弱くなる⇒朝ごはんが食べられない⇒午前中の授業の集中力が低下
不足するといいことが一つもないのがよくわかりますね。心当たりのある方、さくらんぼを食べて負の連鎖から脱出しましょう!

 

もくじへ戻る

 


 

3、ポリフェノール

 

こちらはよく聞くものだと思います。抗酸化作用のあるポリフェノールは、体内をサビにくくさせ病気に強い体にしてくれます。
テスト前で生活習慣が大きく乱れたり、ストレスが大きくかかって体内がサビ始めてくる時期だと思います。
それが原因で本番で体調を崩してしまったら、元も子もありません。体調を整えるのも勉強ですね!

もくじへ戻る

 


 

【勉強と食事】

 

私の体験になりますが、受験を控えた子どもをもった保護者様からこんな言葉をいただきました。

「子どもの頑張りを後ろから見守るだけの親が最大限できることは、美味しい食事を用意してあげることだけです」

この言葉を受けて、私自身も目の前の子どもたちにしてあげられることは何があるだろうと改めて考えさせられました。
一緒に受験を戦ってくれている保護者様にとても感謝しましたし、親御さんの気持ちを隣で聞いていた生徒さんもありがたかっただろうなと思います。

 

なにが言いたいのかというと、栄養に気を使った食事というのは人間の体を作る上で重要な部分になるということです。
特に、育ち盛りの子どもたちです。1食でもおろそかにすれば、そのツケはあとで何倍にも跳ね返ってきます。
まずは集中力のスイッチを入れるために、勉強前に食事をとることからはじめましょう。

 

食事後だと眠くなるという方は、それこそ軽食として今が旬のさくらんぼの美味しさに舌鼓を打ってみてはいかがでしょうか?
みなさんのテスト勉強がうまくいくことを願っています。