お問い合わせ専用ダイヤル

0120-545-067

[受付時間]AM10:00~PM8:00(土日対応可能)

勉強お役立ちコラム

カテゴリー

2019.05.07

「なりたい自分」になるために、目標の振り返りをしよう!

学生のみなさん、入学や進級でバタバタした生活も、そろそろ落ち着いてきた頃ではないでしょうか。
新しい生活にも慣れ、生活リズムもだんだんとつかめてきたと思います。

 

2019年になったとき、卒業したとき、4月に入ったとき、新しい節目で自分の目標を立てたのではないでしょうか?
目標は立てっぱなしにするのではなく、振り返ることがとても大切です。
今回は目標の振り返り方法をお伝えします!

 

①現状を確認する

まずは自分の現在の状況を確認しましょう。
・目標達成のために今どんな行動をしているのか?
・1日の時間をどのように使っているか?
を自分に問いかけてみましょう! 実際の1日のタイムテーブルを書き出してみても良いですね。

 

②現状と目標の差を埋めるための行動計画を決める

現在の状態が分かったら、次は目標達成に向けて改めて行動計画をたてましょう。
4月から過ごしてみて、通学や部活動の時間が分かってきたと思います。1日の時間をどう使っていくか考えてみましょう。

・目標と現実にはどのような差があるか?
・その差を埋めるためにはどう行動していくと良いか?
・どのように時間を使っていくと目標に近づけるのか?
を自分に問いかけて書き出してみてくださいね。

 

例えば、「数学のテストで80点とる!」を目標にしたときの場合です。

 

現実:宿題は忘れずにできているが、数学の自主勉強はできていない。学校から帰ってきたら、遅くまでゲームをしてしまっている。
行動計画:高得点をとるためには自主勉強が必要。帰ってきてからすぐに1時間数学の勉強をする。ゲームは1日1時間までにする。

 

・・・というように考えていきましょう!

 

そして立てた目標と行動計画は必ず目の付く場所に置いておきましょう。毎日見ることで、目標は達成しやすくなります。
行動計画は習慣化するまではとても苦しかったり、目標を下げたくなったりすると思います。
でも毎日立てた計画を守って行動し、習慣化できればそれが当たり前になってきて、苦しさは必ず消えます!

 

なりたい自分になるために、ぜひ目標を振り返ってみてくださいね。