Call: 0120-545-067
[受付時間] AM10:00~PM8:00 [土日対応可]

高校受験・入試ブログ

2018.01.07|小学生, 教育ニュース小学校の英語教育はいつから? どう変わる?

 

結論から言うと、小学校の英語教育は、2020(平成32)年度から正式に実施されます。小学5・6年生では「英語が教科化」され、小学3・4年生では「外国語活動」が開始されます!

 

また、2018~2019(平成30~31)年度の2年間は新指導要領の先行実施か、移行措置のいずれかを自治体が選択するようになるので、2018(平成30)年度から英語教育は変わることになります。つまり、あと半年弱で英語教育の変革がスタートするのです!

 

先行実施を選択した場合は、2020年度の全面実施後と同様の扱いとなり、現在小学5・6年生は年間35単位時間を外国語活動に充てていますが、その倍の年間70単位時間学習することに。

 

また移行措置を選択した場合は、年間35単位時間に、新たに年間15単位時間を加え、50単位時間学習することになります。自治体の選択が先行実施か、移行措置かで年間20時間の学習時間差が生まれるわけですが、いずれにせよ英語の授業が増えるということが決定しているということです。

 

小学校英語の開始時期に関しては、現在の5年生から3年生に前倒しされ、3・4年生は、現在の5・6年生と同様の「聞く・話す」活動を中心に週1,2時間で授業を展開。既に特例制度を使って小学1年生から外国語の授業を導入している自治体もあります。

 

一方、5・6年生は、「教科」の扱いとなり、週3時間程度の「英語」の授業が実施されることとなります。「教科」になるということは、正式な教科書で授業が行われ、評定の対象となり、通知表に英語の教科が入るようになります。

 

時期が早すぎるという意見もありますが、6年間英語を学んでも話せない、使えないという現状には疑問が残る声も少なくありません。実は、中国や韓国は上記のような英語改革を15年以上前から実施しており、日本との英語力の差は広がるばかりなのです。

 

こうした背景に伴い、成績の優劣をつけるためにテストが入ってくることも考えられます。“使える英語”を学ぶことは、お子様の将来の可能性を大きく広げることに繋がるはずです。そういう意味ではこの改革を前向きに捉えることもできるのではないでしょうか?

まずは無料体験授業を
お試しください。

この様なお悩みをお持ちの保護者様は、ぜひ、ベスト個別学院の無料体験授業をお試しください。

  • 塾選びに迷っている方
  • 初めての塾で不安な方
  • 今通っている塾で成果が出ない方

無料体験授業を受けて、正式に入塾されるまで、一切料金は頂きません。
体験後に入塾されない場合は、そのまま終了となります。

  • お電話でのお申し込みも可能です。
  • Call: 0120-545-067