Call: 0120-545-067
[受付時間] AM10:00~PM8:00 [土日対応可]

高校受験・入試ブログ

2017.11.11|福島県, 高校入試福島県立高校入試における調査書/評定の重要性

合格は受験当日の学力検査の結果が良ければ、それだけで勝ち取れるのでしょうか? もちろんそうではありません。 中学校3年間の評定や学級/生徒会活動、出欠の記録などが記載される「調査書」は、「学力検査」と並んで合否判定をする際に非常に重要な要素になっています。では、この調査書はⅠ期選抜・Ⅱ期選抜それぞれでどのように点数化されるのでしょうか?

 

【I期選抜】

Ⅰ期選抜は、1年から3年の9教科を5段階評価した評定を合計した135点満点(学習の記録)と学校ごとに判断をする特別活動の記録の合計、作文・小論文、面接の得点を総合して合否判定をしています。

 

【Ⅱ期選抜】

II期選抜では、国語、社会、数学、理科、英語の1年から3年の評定の合計に音楽、美術、保健体育、技術家庭の1年から3年の評定を2倍した調査書の成績(195点満点)+学力検査(250点満点)の合計点で合否判定をしています。

 

 

調査書と学力検査の比重を同等とする高校がほとんどで、当日の学力試験だけでなく調査書の成績も非常に重要になってきます。調査書は、主要5教科以外の技能教科も大きく影響します。全教科意欲的に頑張る生徒さんが評価されるワケです。「主要5教科だけ頑張ればいいや」という考えは、本末転倒です。

 

過去の評定は変えることができません。 中学1年生時から継続的に努力を重ねできる限り評定を取っておくことが志望校合格のための近道となります!! 定期テストの試験が最重要であることはもちろん、普段の授業態度、宿題、ワークの提出等も大切ですね!

冬期講習も無料体験授業から!
学習方法・進学に関する各種ご相談も承っております。

このようなお悩みのをお持ちの親御様へ。

  • この冬休みに苦手科目を克服させたい…。
  • 冬休み中に学習意欲が低下しそうで心配…。
  • 進級前にお子さんにあった学習塾を探しておきたい。

無料体験授業を受けて、正式に入塾されるまで、一切料金は頂きません。
体験後に入塾されない場合は、そのまま終了となります。

  • お電話でのお申し込みも可能です。

まずは無料体験授業を
お試しください。

この様なお悩みをお持ちの保護者様は、ぜひ、ベスト個別学院の無料体験授業をお試しください。

  • 塾選びに迷っている方
  • 初めての塾で不安な方
  • 今通っている塾で成果が出ない方

無料体験授業を受けて、正式に入塾されるまで、一切料金は頂きません。
体験後に入塾されない場合は、そのまま終了となります。

  • お電話でのお申し込みも可能です。
  • Call: 0120-545-067